学習の心理学ポータル

僕らのすべては学習だ

学習というと学校のお勉強を思い浮かべてしまいますが、心理学でいう「学習」はもっと ずっと広い意味です。

私たちが経験を通して身に着けたものは、すべて学習です。

私が、今、服を着て、日本の文字を書いているのも、人と会ったら挨拶するのもすべて学 習によります。

私の性格の大部分も学習の結果です。

もし、私が全く違う環境で育っていれば、今とはずいぶん違う性格の人間になっていたこ とでしょう。

子どもが大人の前でふざけて歌ったり踊ったりする。

それを大人が面白がってほめてくれるのと、怒られてしまう環境とでは、それは違った人 間が育っていくことでしょう。

このように人間の多くの部分は、学習によって作られます。

だから学習のメカニズムを知ることは、人間を理解するうえでとても大切になるのです。



本能と学習

そうはいっても、生まれつきの部分はあります。

空腹になったら何かを食べたり、まばたきしたりするのは生まれつき(生得的)で、本能 的なものです。

動物は、たくさんの本能的な行動を持っています。

ウミガメの赤ちゃんが海岸から海へ向かうのも、蜘蛛が蜘蛛の巣を張るのも生まれつきで す。

人間は、動物に比べると、生まれつきの部分が小さく、その後の環境の中で学習した行動 が大きくなります。

食べることは本能でも、こんな料理をこんなお店で食べたいなんて思うのは学習の結果で す。



古典的条件付け:有名なパブロフの犬

パブロフ博士は、犬の唾液の研究をしていました。

ところが、研究を続けているうちに、えさを運ぶ助手の足音を聞いただけで、犬は唾液を 流すようになってしまいました。

えさを食べたときに唾液がでるのは、生まれつきの「無条件反応」

えさと一緒にいつも聞いていた足音だけで唾液が出るようになったのは、学習の成果で、 「条件反応」といいます。

このような学習を条件付け(特に古典的条件付け)と呼んでいます。

ワトソン:人間の感情も条件付け

ワトソンは、唾液を流すなんて行動だけではなくて、人間の複雑な感情も、条件付けによ って説明できると考えました。

まず、実験のために、となりから男の赤ちゃんを借りてきました。

赤ちゃんは、怖いもの知らずです。幽霊も、鉄砲も怖くありません。

恐怖を感じません。

人間が本能的に感じる恐怖の対象は、突然体の支えがなくなることや、大きな音などに限 られています。

さて、この赤ちゃんが元気に遊んでいます。

そこに一匹の白うさぎを近づけます。赤ちゃんはうれしそうに手を伸ばします。

そのとたん、「ガーン」と大きな音を立てます。

赤ちゃんはびっくりして、怖くて大泣き。

これを何回も繰り返します。

すると、だんだん白兎が近づいただけで赤ちゃんはおびえて泣き出すようになりました。

学習によって、恐怖の感情が条件づけられたのです。

さらに、この子は、白うさぎを怖がるだけではなく、白うさぎのように白くてふわふわし たものも怖がるようになりました。

小さな赤ん坊が生まれてはじめて病院へ行く。少しも怖がりません。

ところが押さえつけられて、針を刺されたりする。

すると子供は、病院の建物を見ただけで怖がり、お医者さんや看護婦さんを見たら、飛ん で逃げようとするでしょう。



道具的条件づけ

ねずみさんに箱の中に入ってもらいます。

箱の中には小さなレバーがついています。レバーを押せば、餌が出てきます。

閉じ込められたねずみさんは、あっちこっちと大暴れ。

何かの拍子にレバーに触れます。

するとおいしい餌。また偶然レバーを押すと餌が出てくる。

そのうちにねずみは覚えます。

絵さが欲しいときには、このレバーを押せばいいのだと。

レバーを押すということが、餌という「報酬」によって「強化」され、レバーを押す行動 を学習することができました。

条件付けの成立です。(スキナーの実験)



人間の場合

人間の行動も、基本的には、この報酬と強化によって説明できます。

私がホームページを作る、何の反応もない。

これではやる気も怒りませんが、カウンターの数字があがる、応援のメールが来る、そん なふうに報酬が与えられれば、私はますますホームページ作成に精を出すことになるでし ょう。

暴力を振るえば、自分の思い通りになると学習(経験)してきた人は、暴力的になります。 涙を流せば問題が解決してきた人は、泣き虫になりでしょう。

学校で、発言することを高く評価されれば、発言は増えるでしょう。

職場の会議で、どんな提案をしても聞いてもらえない、発言などすると、あとでかえって 叱られる、そんな体験を続けていれば会議では沈黙するようになるでしょう。



報酬の与え方とギャンブル

レバーを押すたびに餌がでないで、何回かに1回出るだけでも、ねずみはレバーを押すこ とを学習できます。

それだけではなくて、もう全然餌が出なくなったとき、あきらめないでレバーを押し続け るのは、時々しか餌をもらっていなかった場合なのです。(難しくいうと、「部分強化の方 が消去抵抗が大きい」となります)

ギャンブルは、ああもうやめようかなあと思っていると、あたるんですよね。

毎回儲かるわけではないけれど、たまに儲かる。

そうすると、しばらく損ばかりしていても競馬場やパチンコ屋に通い続けることになるわ けです。



一歩一歩

ライオンに火の輪くぐりをさせたいと思う。

では、ライオンが火の輪をくぐってくれるまで待つ。

やってくれたらお肉をあげようと思い待ちますが、いつまで待ってもそんなことをしよう にない。

では、どうしたらいいか。

すぐにできない、難しいことは少しずつさせればよいのです。

まず、火のついていない輪を用意して、そっちの方にちょっと顔を向けたらすぐに餌(小 さな肉など)。

一歩近づいてきたら、またすぐに報酬。もう一歩近づいたら、また報酬をあげる。

輪まできて、輪にちょっとでも触れたらまた報酬。というふうに一歩ずつ進めることが必 要です。

子どもに1時間勉強させたいとする。でもすぐにはできない。

たった5分で、飽き始めた子供をしかりつけます。

そうかと思うと、勉強始めた子どもの後ろに回り、やれ姿勢が悪いの鉛筆が丸まっている だの小言を言い始めます。

これでは、誰だってやる気を失います。

せっかく輪に近づいたライオンに、報酬をあげるどころか、蹴飛ばしているようなもので す。

誰だって、すぐにはできません。一歩ずつ、目標に近づけばよいのです。

一歩でも近づいたことを認めてあげましょう。



何が報酬になるか、非行少年の心理

どんな親だって、教師だって、良い子にしたいと思って、良い行動には報酬を与えている はず。

なのに、なぜ悪い子たちができあがるのでしょうか。

動物の場合、報酬は餌などですが、人間の場合は、視線を優しくむけたり、微笑んだりす るだけでも、報酬になります。

色々なものが報酬になるのです。

誰でも、がんばって良いことをすれば、報酬が与えられる世の中なら、きっともっと悪い 人は減るはずです。

でも、世の中そううまくは動いていません。

勉強ができたり、スポーツができる人はいいですよ。

よい成績や硝酸という報酬が与えられるでしょう。

でも、劣等生ではそうはいかない。それにその他のふつうの子たちはどうでしょう。

彼らだって頑張っているんです。

毎日遅刻しないで登校し、宿題をし、きちんと授業に参 加する。

でも、こういうふつうの子は、特別な賞賛も、注目も与えられません。

特別な報酬の与えられていない子たちが、もっと注目して欲しい、かまって欲しいと思っ たときはどうでしょう。

勉強やスポーツでは簡単には注目されません。

注目される簡単な方法の一つが非行なのです。

人間にとって無視されることほどつらいことはありません。

叱られてでもいいから、目を向けて欲しいと思うのです。

それに、不良仲間からは賞賛も与えられるでしょう。

悪いことをしたときに初めて注目されるのではなく、ふつうに頑張っているときに、きち んと見てくれて、その子なりの努力が認められればよいのですが。。



リンク

刺青を除去したいけど、費用・口コミが不安!そんな人へ「タトゥー除去案内所」
浮気調査を頼みたいけど、費用・口コミが不安!そんな人へ「浮気調査比較くん」
でべその手術をしたいけど、費用・口コミが不安!そんな人へ「でべそ手術の総合ポータルサイト」
通信制高校へ入学したいけど、情報が足りない人へ「通信制高校選び.NET」
太りたい女性・肉体的な健康美を手に入れよう!
あなたのドライヤー大丈夫?髪やけどの原因になるかもしれないチェックリスト